忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/26 08:44 】 |
新築戸建の購入のポイント:完成物件のチェックポイントについて & 日興千里丘スカイマンションの紹介


新築戸建の購入のポイント:完成物件のチェックポイントについて。



◆床の仕上げ状況のチェック。
新築物件を購入する際、購入者が建築中にチェックすることができない。しかし、完成している物件はチェックできるポイントが少ないとはいえ、物件の良し悪しを判断する材料はいくつかある。ここでは室内の床の仕上げチェックを考えてみたい。床の傾斜を基準器やビー玉でチェックした後には、床の仕上げをチェックするのが良い。チェックのポイントは以下となる。

・壁紙の剥がれが無いか。
・壁紙に汚れが無いか。
・建具の取り付け具合がしっかりとしているかどうか。
・建具の開閉方向が間違っていないか。
・天井や壁のうねりは無いか。

このような点をチェックして、問題がある箇所を見つけたら、業者に確認をした方が良い。また、このような問題の箇所が多くみつかるような物件については、購入を控えることをおススメする。

【日興千里丘スカイマンション】 日興千里丘スカイマンション | 吹田市のマンション査定 | BIGLOBEのマンションカタログ




新築戸建の購入のコツについて、購入予定の物件をしっかりとチェックする方法について。



◆家族のためにも徹底的に謂べてみよう(床下チェックの道具について)。
住宅のチェックを隅からすみまで行って、手抜き工事の物件をつかまされないことは大切である。仕様書だけでその物件を把握するのは、やはり無理である。実際に物件を訪問して、更に入れる所にはどこにでも入ってチェックを行う、という意気込みが大切である。ここでは、床下をチェックする際に必要な道具について考えてみたい。床下は、一般人は普通入らない所である、そのため危険な場所でもある。以下のような道具を用意して、自分の身に危険が無いようにしておきたい。

・光が強力な懐中電灯。
・自分の頭のサイズにあったヘルメット。
・図面、メモとボールペン。
・手を怪我しないような厚手の軍手。
・サイズを測るためのメジャーと記録を残すためのカメラ。

建築が雑な物件の場合には、床裏から釘が飛び出していることもある。更に、針金やロープなどで固定されている水道管があることもある、十分安全な装備をした上で、床下にもぐるようにしておきたい。

【クレッセント千歳船橋】 マンションの検索(中古) | ホームズの不動産 | BIGLOBE住まい
マンション購入や家を買うことは「心」に効く


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR
【2012/02/21 22:33 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
新築戸建の購入のコツ:業者と顔の見える関係でいるには。 & 倉敷 一戸建ての紹介

新築戸建の購入のコツ:業者と顔の見える関係でいるには。

◆顔の見える関係でいる方法。
最近の住宅業界では、作業の効率化等の影響から施主と大工や工務店の間に、人間的な関係が薄れている傾向にある。つまり、あまり「顔が見える関係」でなくなりつつあるのである。
特に、大工と工務店との間が疎になると欠陥住宅ができてしまう、等の大きな要因となるので、あまり好ましい傾向とはいえないのである。確かに近年の住宅業界としては、住宅メーカーは安心と信頼をアピールするところが多い。実際に、新しい工法や木造以外の構造体、いろいろな機能的特徴を備えた住宅を提供したりと、技術的には信頼が高くなっており、品質の良い商品を多く提供するといえる。

購入する立場としても、多用な商品の中から選択する幅が広がることで、便利にはなってきているので、よいことである。しかし、最終的に物件を作業をするのは人である。技術以上に顔の見えること、というのは大変重要な要素である。作業者の顔が見えること、実際に愛情をこめて作業することというのを、住宅メーカー選択の最終判断としたものである。そのような背景で作られた住宅でないと、自然と大量生産の流れ作業で作られた商品となってしまい。本来の家としての魅力に欠けるものとなってしまうものである。



最近の住宅メーカーには、過当競争のために大手メーカーのブランド名を盾に住宅を「売る」ことを最優先にする企業も多い。住宅を売るプロに対して、住宅を購入する側もプロになる必要があるのである。そのような「売る」ことを最優先とする会社を選択してしまわないように注意をしておきたいものである。購入する側としては、まず疑問があったら、残さずに住宅メーカーなどに確認する、という姿勢も大切である。購入するプロとしても知識を増やせるだけでなく、付き合う住宅メーカーがそれに答えられるかどうかを判断する基準にもなるからである。

【一戸建て 亀有】 JR常磐線 亀有の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入:http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/all/eki/13/129/12901038
中古戸建の坪単価 と 中古マンションのスケルトンチェックについて


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


新築戸建の購入のポイント:暮らしやすい環境作りのアイデアについて。



◆面倒くさがらず、積極的に「より良い喜らし」を実現しよう。
新築戸建を購入したら、いつまでもその美しい状態を保っておきたい。建物は月日が経過すると共にメンテナンスが必要であるが、暮らしやすい環境作り、家族のライフスタイルの変化という理由からリフォームを行うことがある。
どんな家族でも、時間の経過と共にライフスタイルは変わってくるため、ある程度、今後の人生設計を見越して家を作ったとしても、家族の増減やさまざまな変化に応じて、間取りの変更やリフォームを行う必要が出てくる。しかしリフォームは経費がかかるために、頻繁には実施できない。
そのため、どうしても現状のままでいる場合も少なくない。その判断基準は難しい場合も多いのであるが、より生活の質を高めるためにはある程度の中長期な視点でリフォームの予定を立てて、使いやすい家に育てていくことも大切である。

【倉敷 一戸建て】 倉敷市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入

【2012/02/21 21:45 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
新築戸建の家選びのポイントについて: & 一戸建て(新潟市)の紹介

新築戸建の家選びのポイントについて:欠陥住宅に注意する。




◆実際に工事を行っている会社を把握しておく。
施主と契約を結んだ業者(大手住宅メーカーや地元の建築会社)が実際の工事に携わることはほとんど無い。大抵は、契約を結んだ会社(元請け) から下請け会社へと工事が請け負われる形となる。そして更に実際の工事を受け持つ業者へと降りてく形が一般的となる。

これを、2次請け~4次請け、5次請けと、何階層にもなることが多い。つまり実際の工事を行うのは、元請け会社とは全く関係のない会社であることがほとんどである。このような状況の場合、施主の意図が施工業者に伝わりにくいという欠陥住宅が生まれやすい素地ができると考えてもよい。更に、施主に対する責任感が低下してしまうのも、大きな要因となる。そして、納期や契約金額を中間業者に削り取られる形で、低い金額で仕事を請け負った業者が品質を落とすというケースが大半である。

【一戸建て 新潟市】 新潟市中央区の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入



新築戸建の選び方:実際に住んでいる人から情報をもらう。




◆見学会にて住んでいる人を訪ねる方法。
住宅見学会とは、実際に住んでいる人の家に訪問して、その家のよさを実際に住んでいる人がアピールする場である。効果的な販促方法として、大手住宅メーカーが中心となって実施する。通常は、購入されていないモデルルームでの見学会が中心であったが、最近では、実際の購入者の家を訪問する形が増えてきている。

実際に購入して10年程度の人を中心に、品質とアフターサービスの良さ、そしてその住宅メーカーが信頼できる、という点をアピールしてもらえるので、住宅メーカーとしても積極的に実施するという訳である。もちろん、悪いことを言うような人は、見学会の対象外となるので、そのような人は選択されないので、その点を認識しておいた方が良い。メーカーとしても住宅の契約数を伸ばすための施策であるので、効率の良い集客方法として、見学会を実施する訳である。事前のリサーチにて、比較的メーカー寄りの意見を持っている人を中心に選抜されているのである。

時としては、その住宅メーカーの関係者が選ばれることもあるので、気をつけた方が良い。これから購入を検討する人は、このような見学会に参加した内容を全て鵜呑みにせず、ネットの口コミ情報などの他からの情報源も参考にした方が良い。

【奈良 県 中古 一戸建て】 奈良の一覧角地一戸建て特集:ホームズの中古一戸建て購入(http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/corner-lot/area/29)
築5~10年のマンションがベストな理由、賃貸物件をの退去の際にそなえて契約書はとっておく

【2012/01/18 19:53 】 | 戸建て | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
新築戸建の購入のコツ:モデルハウスの広さにだまされない & 一戸建て(宇部)の紹介


新築戸建の購入のコツ:展示場の活用術。
◆モデルハウスの広さにだまされない。
新築戸建の購入を検討する場合、住宅展示場のモデルハウスにて、最新の設備や建築工法をチェックする人も多い。その際に注意しておきたい点としては、モデルハウスの魅力という点である。一般的に、モデルハウスは魅力的な建物が多い、住宅メーカーが購入してもらうために、資金を投入するために、外観はもちろんのこと内部も最新の設備がめじろ押しとなっている。



モデルハウスはそのメーカーの顔ともいえるので、全力で最善の展示をしてきているのである。モデルハウスでの最新設備に触れているうちに、その住戸の購入の欲求が高まってくる場合が多い。しかしそのような時には、今、目の前にあるモデルハウスと、実際に購入したときの住戸とのギャップを冷静になってイメージしてほしい。大きなギャップの一つとしては、モデルハウスの広さである。

一般的に、モデルハウスの総床面積の平均は75坪ほどと言われている。その広さと、自分が購入して建築する予定の土地の広さを比べてみてほしい。もし、自分が予定する広さが30~50坪(実際に、それくらいの広さであることが多い。あるが)である場合、モデルルームにある設備の一部が実現できないという点を認識しておきたい。

・隣地住宅と開放部で重ならないようにいないといけない。
・隣接住宅と窓や出入り口が重ならないようにしないといけない。
・換気口が隣の家を直撃しないようにしないといけない。

というような制限が現実問題として出てくるのである。まずは、広さをチェックしてみるのが大切である。

【一戸建て 宇部】 宇部市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


失敗しない賃貸業者選びのコツ。
◆譲れない条件を決めておく。
自分で設計して立てる注文住宅以外で、自分の理想の部屋を見つけるのは難しい。



賃貸物件は件数が多いが、それでも自分の理想とする部屋があって、しかも空き部屋である可能性は低いと思った方がよい。つまり、部屋探しには妥協が必要である。ポイントはどの点で妥協をするのか、ということである。あらかじめ考えておき、妥協できるところとできないところを決めておくのがよい。以下のような条件が賃貸物件を選ぶ際の検討項目となる。あなたの場合には、どれが妥協できる点となっているであろうか。

・最寄り駅。
・駅からの距離。
・家賃。
・広さや間取り。
・パス、トイレ等の設備。
・階数。
・調理コンロは電気かガスか。
・日当たり。
・近辺地域の利便性(買い物の便利さなど)。

【一戸建て 大分】 大分の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入:http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/all/area/44
仲介業者の営業マンと良いつながりをもって売り急ぎマンション物件を安く買おう!

【2012/01/18 19:49 】 | 戸建て | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
新築戸建の選び方:狭い土地、変形敷地の狭小住宅について & 一戸建て(山形市)の紹介


新築戸建の選び方:実際に住んでいる人から情報をもらう。



◆商品の艮さは、ネットで調べる。
購入を検討する住まいについて、商品(住宅)のよさを把握する機会は、様々ある。例えば、住宅見学会、構造見学会というイベントである。しかし、住宅メーカー主催の場合には、基本的にはその利点のみのアピールになるので注意が必要である。デメリットは、基本的には語られることが無いと思った方が良いのである。

そのようなときに積極的に、本当の商品の良さ・悪さを把握するために、インターネットを活用するのが、効果的である。インターネットでの住宅に関する掲示板や、口コミサイトを利用して、本音の利用者の声を聞くのが、一番である。インターネットで口コミ情報を調べる際には、以下の点を中心に把握すると効率的である。

・どこの住宅メーカーがよいのか。
・どういう点が、購入時に注意が必要か。
・欠陥住宅やトラブルに関する実例は何か。

もし、既に購入の目処が立っている場合には、その地域・住宅メーカーにターゲットを絞って調査できるので、効率的と言える。しかし、一方でインターネットの情報も、一方的に信頼をしない。その住宅メーカーの競合会社が悪い情報を広めたり、意図の情報が流れている可能性があるからである。注意をして情報収集をしたい。

【一戸建て 山形市】 山形市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入






◆狭い土地、変形敷地の狭小住宅について。



最近注目されているのは、狭小住宅といわれている物件である。10坪ハウスとも言われている。狭い土地に、建築士の個性を生かした設計をした建物で、都会の若者・ファミリー層に人気がある。特に都会の狭い土地や、変形した土地を有効活用しようと生まれた住宅と言える。

フロアの床面積が10坪前後等の場合でも、採光たっぷりの間取りであったり、と工夫がされている。方形の土地が建物には理想的であることは確かであり、建築プランも立てやすいが、予算は無いがどうしても戸建に住みたいという人には、狭い土地や変形敷地での狭小住宅もおススメである。

【加古川 一戸建て】 加古川市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入:http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/all/area/28/28210
マンションのモデルルームとして採用されている部屋は、全戸の1割にも満たない


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
【2012/01/18 19:47 】 | 戸建て | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>