忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/19 23:54 】 |
新築戸建の家選びのポイントについて: & 一戸建て(新潟市)の紹介

新築戸建の家選びのポイントについて:欠陥住宅に注意する。




◆実際に工事を行っている会社を把握しておく。
施主と契約を結んだ業者(大手住宅メーカーや地元の建築会社)が実際の工事に携わることはほとんど無い。大抵は、契約を結んだ会社(元請け) から下請け会社へと工事が請け負われる形となる。そして更に実際の工事を受け持つ業者へと降りてく形が一般的となる。

これを、2次請け~4次請け、5次請けと、何階層にもなることが多い。つまり実際の工事を行うのは、元請け会社とは全く関係のない会社であることがほとんどである。このような状況の場合、施主の意図が施工業者に伝わりにくいという欠陥住宅が生まれやすい素地ができると考えてもよい。更に、施主に対する責任感が低下してしまうのも、大きな要因となる。そして、納期や契約金額を中間業者に削り取られる形で、低い金額で仕事を請け負った業者が品質を落とすというケースが大半である。

【一戸建て 新潟市】 新潟市中央区の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入



新築戸建の選び方:実際に住んでいる人から情報をもらう。




◆見学会にて住んでいる人を訪ねる方法。
住宅見学会とは、実際に住んでいる人の家に訪問して、その家のよさを実際に住んでいる人がアピールする場である。効果的な販促方法として、大手住宅メーカーが中心となって実施する。通常は、購入されていないモデルルームでの見学会が中心であったが、最近では、実際の購入者の家を訪問する形が増えてきている。

実際に購入して10年程度の人を中心に、品質とアフターサービスの良さ、そしてその住宅メーカーが信頼できる、という点をアピールしてもらえるので、住宅メーカーとしても積極的に実施するという訳である。もちろん、悪いことを言うような人は、見学会の対象外となるので、そのような人は選択されないので、その点を認識しておいた方が良い。メーカーとしても住宅の契約数を伸ばすための施策であるので、効率の良い集客方法として、見学会を実施する訳である。事前のリサーチにて、比較的メーカー寄りの意見を持っている人を中心に選抜されているのである。

時としては、その住宅メーカーの関係者が選ばれることもあるので、気をつけた方が良い。これから購入を検討する人は、このような見学会に参加した内容を全て鵜呑みにせず、ネットの口コミ情報などの他からの情報源も参考にした方が良い。

【奈良 県 中古 一戸建て】 奈良の一覧角地一戸建て特集:ホームズの中古一戸建て購入(http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/corner-lot/area/29)
築5~10年のマンションがベストな理由、賃貸物件をの退去の際にそなえて契約書はとっておく

PR
【2012/01/18 19:53 】 | 戸建て | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<新築戸建の購入のコツ:業者と顔の見える関係でいるには。 & 倉敷 一戸建ての紹介 | ホーム | 新築戸建の購入のコツ:モデルハウスの広さにだまされない & 一戸建て(宇部)の紹介 >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>