忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/23 12:29 】 |
新築戸建の購入のポイント:完成物件のチェックポイントについて & 日興千里丘スカイマンションの紹介


新築戸建の購入のポイント:完成物件のチェックポイントについて。



◆床の仕上げ状況のチェック。
新築物件を購入する際、購入者が建築中にチェックすることができない。しかし、完成している物件はチェックできるポイントが少ないとはいえ、物件の良し悪しを判断する材料はいくつかある。ここでは室内の床の仕上げチェックを考えてみたい。床の傾斜を基準器やビー玉でチェックした後には、床の仕上げをチェックするのが良い。チェックのポイントは以下となる。

・壁紙の剥がれが無いか。
・壁紙に汚れが無いか。
・建具の取り付け具合がしっかりとしているかどうか。
・建具の開閉方向が間違っていないか。
・天井や壁のうねりは無いか。

このような点をチェックして、問題がある箇所を見つけたら、業者に確認をした方が良い。また、このような問題の箇所が多くみつかるような物件については、購入を控えることをおススメする。

【日興千里丘スカイマンション】 日興千里丘スカイマンション | 吹田市のマンション査定 | BIGLOBEのマンションカタログ




新築戸建の購入のコツについて、購入予定の物件をしっかりとチェックする方法について。



◆家族のためにも徹底的に謂べてみよう(床下チェックの道具について)。
住宅のチェックを隅からすみまで行って、手抜き工事の物件をつかまされないことは大切である。仕様書だけでその物件を把握するのは、やはり無理である。実際に物件を訪問して、更に入れる所にはどこにでも入ってチェックを行う、という意気込みが大切である。ここでは、床下をチェックする際に必要な道具について考えてみたい。床下は、一般人は普通入らない所である、そのため危険な場所でもある。以下のような道具を用意して、自分の身に危険が無いようにしておきたい。

・光が強力な懐中電灯。
・自分の頭のサイズにあったヘルメット。
・図面、メモとボールペン。
・手を怪我しないような厚手の軍手。
・サイズを測るためのメジャーと記録を残すためのカメラ。

建築が雑な物件の場合には、床裏から釘が飛び出していることもある。更に、針金やロープなどで固定されている水道管があることもある、十分安全な装備をした上で、床下にもぐるようにしておきたい。

【クレッセント千歳船橋】 マンションの検索(中古) | ホームズの不動産 | BIGLOBE住まい
マンション購入や家を買うことは「心」に効く


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR
【2012/02/21 22:33 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 新築戸建の購入のコツ:業者と顔の見える関係でいるには。 & 倉敷 一戸建ての紹介>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>